So-net無料ブログ作成

空売りピンポイント投資術2(日経平均株価に合わせて損切りが明確となるポイントを見つけてエントリーをする空売りテクニック) [空売りピンポイント投資術2]

このページは、 元証券ディーラー 山本伸一さんの【空売りピンポイント投資術2】日経平均株価に合わせて損切りが明確となるポイントを見つけてエントリーをする空売りテクニックの評価や内容などの情報を公開しています。


大好評だった「空売りピンポイント投資術」も、登場から4年が経過し、パワーアップして67ページから135ページになって証券ディーラーの隠し技 空売りピンポイント投資術2】として生まれ変わりました!


空売りとは、証券会社(証券金融会社)から株を借りて売り、その後買い戻すことで、その差額をえるという取引で、空売りは危険だという方もいますが空売りが買いに比べて危険ということは全くありません。

最大のメリットは、株価が下落する局面であっても利益を得られるという点です。


株式投資では基本的なことですが、永遠に上昇し続けた相場(銘柄)はありません。
上昇相場(銘柄)はいつかどこかで下落に転じるときがやってきます。

ですが、そんな時にも買いの投資手法と同じように、損失を最小限に抑えながら、空売りで勝つという手法が、「空売りピンポイント投資術です。


前作では3パターンの手法が提供されていましたが、本作では、新たな手法を2つ追加し5パターンで構成されています。


その、5パターンの空売り投資術は、

(1)下落トレンドのフォロー
(2)急騰銘柄の反転
(3)ボックス相場
(4)空売りデイトレード
(5)マーケットに合わせた空売り戦略

といった山本伸一独自の投資理論を展開しながら、5パターンの空売り投資術について詳細に解説しています。


今回、新たに加わった「マーケットに合わせた空売り戦略」は、株式市場全体が下落局面に入る初期に空売りをすることによって、1つの銘柄で10%を超えるような大きな値幅を狙った投資手法ですが、

「空売りピンポイント投資術2」なら、上昇相場でも下落相場でも「いつでも勝てる」という安心感もありますし、投資家としてのレベルも数段アップしてくれるはずです。


空売りピンポイント投資術2は19,800 円で提供されていて、

他の教材と同じように、特典として、グロースアドバイザーズ注目の銘柄情報や無期限ユーザーサポート、毎日の相場分析レポートなどもついていますので、あなたにとっての投資の入口の教材として手に入れておいても損はないと思います。


実践された方の評判や感想なども、公式サイトでご覧下さい↓↓↓


証券ディーラーの隠し技 空売りピンポイント投資術2




共通テーマ:

速効プレミアムチャートLite(上昇相場で最速の効果を発揮するチャート分析に特化した投資マニュアル) [速効プレミアムチャート]

このページは、 元証券ディーラー 山本伸一さんの【速効プレミアムチャートLite】上昇相場で最速の効果を発揮するチャート分析に特化した投資マニュアルの評価や内容などの情報を公開しています。


大人気!証券ディーラーの隠し技シリーズ第13弾は、上昇相場で最速の効果を発揮する、山本伸一の速効プレミアムチャートLiteとなります。


プロの投資家は、ファンダメンタルやテクニカル指標など、非常にたくさんのことを学び、企業分析をしっかり行ってからトレードしますが、初心者トレーダーがプロと全く同トレードをしようとするには時間がかかります。

証券分析には様々なアプローチの方法があります。企業価値に重点を置いたファンダメンタルによる割安株(バリュー株)投資や、テクニカル指標を活用した手法、

さや取りや板読み、企業のM&A(買収・合併)や新製品の開発などのイベントを狙ったイベント・ドリブンなど、実に多種多様ですが、このような分析手法は一定の勉強が必要です。


そこで、「株式投資を本気でやってみよう!」という初心者トレーダーが時間をかけず、最も効率的に利益を上げるために、まとめられた投資マニュアルが【速効プレミアムチャートで、

視覚的に判断できる「チャート分析」に特化した投資マニュアルで、数字の分析やあいまいさがなく、初心者トレーダーにとって、最も効率の良い投資分析手法といえるものです。


もちろん、ファンダメンタルや、テクニカル指標や経済指標の内容を理解していた方が、大きな利益を出せるるのはもちろんですが、上昇相場ならチャートさえ知っていれば大きく負けることはありません。


今回の、「速効プレミアムチャートLite」はシンプルに、

(1)レンジブレイク
(2)トレンド転換を狙った買い
(3)突っ込み買い

といった、プロが選ぶ『3つの良いチャートパターン』をマニュアル化されていますので、初心者トレーダーでも利益率が非常に高く、迷いなくエントリーできます。


グロースアドバイザーズ全26商品の平均単価19,800円ほどなのですが、今回は価格も初心者向けにされていて4,800円で提供されていますし、

他の教材と同じように、特典として、グロースアドバイザーズ注目の銘柄情報や無期限ユーザーサポート、毎日の相場分析レポートなどもついていますので、あなたにとっての投資の入口の教材として手に入れておいても損はないと思います。


実践された方の評判や感想なども、公式サイトでご覧下さい↓↓↓





上昇相場で最速の効果を発揮する!山本伸一の速効プレミアムチャートLite




共通テーマ:

板読みトレードテクニック(投資家心理を読み切るための未来を予測するデイトレード手法) [板読みトレードテクニック]

このページは、 元証券ディーラー 山本伸一さんの【板読みトレードテクニック】投資家心理を読み切るための未来を予測するデイトレード手法の評価や内容などの情報を公開しています。


板読みトレードテクニックは、日中、取引を行っている機関投資家の手法で、投資家心理を読み切るためのデイトレード手法です。


この【板読みトレードテクニック】は未来を見据えた玄人の売買手法で、買いの「株価・株数・タイミング」すべてに意味を持たせた「板の実践的な使い方」を解説しています。

チャートとは株価の推移ですので、チャートが過去から未来を読むものなら、それをより正確に・細かく見られる板情報は、今から未来を予測するものですが、図表を用い、板の動き、対応の仕方を、分かりやすく説明していますので、ベテランの方が見ても納得のいく充実した内容にされています。


板読みのテクニックをマスターすれば、

「今いくらで買えるのか?」
「今、何株買えるのか」
「何人売りたいのか」
「100円に何株の売りがあるのか」

どんな、相場になっても「対応」が可能になります。


チャートが過去から未来を読むものなら、板情報は「今」から未来を予測するものです。

板情報には、買いたいけれど買えていない投資家の気持ちや、売りたいけれど、すぐには売らないという投資家の動きがあらわれるのです。

このような投資家の気持ちを利用した手法が【板読みトレードテクニック】なのです。
板には、「相場のすべて」の情報が詰まっています。


板読みトレードテクニックを実践された方の評判や感想もご覧ください↓↓↓





証券ディーラーの隠し技 板から未来が見えてくる 山本伸一の板読みトレードテクニック




共通テーマ:

仕手株完全攻略マニュアル2(数日後、大きな陽線をつける可能性が高い急騰期待銘柄リストの作り方。情報の取得の仕方。情報の読み方) [仕手株完全攻略マニュアル2]

このページは、元証券ディーラー 山本伸一さんの【仕手株完全攻略マニュアル2】数日後、大きな陽線をつける可能性が高い急騰期待銘柄リストの作り方。情報の取得の仕方。情報の読み方を教えている教材の情報を公開しています。


広く相場を見渡すと3日で10%どころか、3日で200%も値上がりする銘柄がありますが、100年に1度と呼ばれた金融不安の中でも数日で株価が2倍以上に高騰した銘柄が多発したのです。

そんな銘柄は数日のうちに急騰前の株価に戻るか、以前を下回る水準まで下がったりするのですが「仕手が入った」といわれるのです。


そんな何の前触れもなく寄り付きから出来高を伴って急騰し、数日の後に株価が元に戻る銘柄やランキング上位に突然顔を出すそのような急騰株を指をくわえてみていた一般投資家も多いと思いますが、

仕手株完全攻略マニュアル2」は、毎日、株式新聞を見て一喜一憂するのではなく、急騰銘柄が噴き上がる前兆を市場から察知しピンポイントで仕込むための仕手株攻略のためのマニュアルです。


急騰株は毎日発生するものではありませんが、

・急騰期待銘柄リストの作り方、
・情報の取得の仕方、
・情報の読み方

を公開していますので、多くの投資家が知りたがっている相場環境に関係なく30%~50%動く銘柄を、あなたも見つけ出すことが出来るはずです。


また、「仕手株完全マニュアル」は、グロースアドバイザーズの中で一番販売実績のあった商品ですが、ページ数も大幅に増やし、「仕手株完全攻略マニュアル2」としてパワーアップされ、PDF129ページで19,800円で提供されています。

また、特典として、グロースアドバイザーズ注目の銘柄情報や無期限ユーザーサポート、毎日の相場分析レポートなどもついています。


仕手株完全攻略マニュアル2を実践された方の評判や感想もご覧ください↓↓↓





証券ディーラーの隠し技 仕手株完全攻略マニュアル2




共通テーマ:

株式トレードセクターサイクロン(上昇期待が高い銘柄と下落する危険性が高い銘柄など2つのセクターを組み合わせて利益を狙う投資法) [株式トレードセクターサイクロン]

このページは、元証券ディーラー 山本伸一さんの【株式トレードセクターサイクロン】上昇期待が高い銘柄と下落する危険性が高い銘柄など2つのセクターを組み合わせて利益を狙う投資法の評価や内容などの情報を公開しています。


この、「株式トレードセクターサイクロン」は、セクター(業種)に着目し、明日の上昇期待が高い銘柄を買って、下落する可能性が高い銘柄を売るといったトレード手法です。

買いと売り(空売り)を組み合わせるというと、「2つの銘柄の価格差」を取りに行く「サヤ取り」をイメージするかもしれませんが、価格差は一切考慮しないので、銘柄選択のパターンが無限に広がります。

2つの業種を組み合わせて取引することで、リスクが限定され、時には上昇・下落両局面でも収益獲得も可能です。


銘柄数は資金量に応じて調整可能なので、資金の少ない方は「買い」「売り」とも1銘柄ずつでも実戦可能ですが、

まず、「株式トレードセクターサイクロン」のマニュアルに従い、14時半に、株式市場の業種別指標ランキングをチェックし、買い銘柄、空売り銘柄を絞り込みます。

そして、15時前に引成で発注し、翌日の9時以降に「前引け」の「引成」で決済注文を出すだけです。


もし、翌日、仮に相場全体が下落しても、売り銘柄による利益が買い銘柄による損失を上回れば利益となりますし、買い銘柄が上昇し、売り銘柄が下落して両方で利益を獲れる日もあります。


このような短期上昇期待銘柄と、短期下落警戒銘柄を、大引け前に抽出してエントリーし翌日に決済することで、リスクをコントロールしながら短期回転売買を行うのが、「株式トレード セクターサイクロン」で、


プロのディーラーが「相場全体が上げても下げても利益を出す可能性」を追求した、リスクも少い投資手法なのですが、

単に「騰がりそうな銘柄」「下がりそうな銘柄」を見つけ出そうというのではなく、相対的に「騰がる可能性の高い銘柄」「下がる可能性の高い銘柄」を見つけ続けるためのポイントも教えています。


相場が上げても下げても利益を狙う「株式トレードセクターサイクロン」は、19,800円で提供されていて、投資顧問会社の銘柄情報や、毎日の相場分析レポートという得点の他にも無期限のユーザーサポートもついています。


公式サイトはこちらです↓↓↓





【株式トレード】セクターサイクロン




共通テーマ:

株式ギャップハンター(空売りをベースとして、後場寄りにギャップが発生したときだけを狙ってエントリーするデイトレード) [株式ギャップハンター]

このページは、元証券ディーラー 山本伸一さんの【株式ギャップハンター】空売りをベースとして、後場寄りにギャップが発生したときだけを狙ってエントリーするデイトレードの評価や内容などの情報を公開しています。


株式投資に興味をもって、デイトレードで利益を出してみたいと思ってみても、実際に売買する段階では、いつ・どんな銘柄が・どうなったら、売買すればいいのかよくわからないといった方も多いと思いますが、

この、株式トレードギャップハンターは、エントリーを後場寄りに限定し、勝ちパターンの時だけエントリーするといった、前日までの準備・エントリーの準備や決済方法までマニュアル化した教材です。


忙しいからデイトレードなんか無理と、諦めていた方も、株式トレードギャップハンターを手にすれば、日々のランチタイムが給料日に変わるかもしれません!


後場寄り」を簡単に説明すると、株式市場の取引時間の、午前9:00~11:30までを前場といい、午後12:30~15:00まで(大証・ジャスダックは15:10まで)を後場というのですが、この内、後場が始まることを「後場寄り」といいます。


この、前場の前引け(11:30)と後場寄り(12:30)の間に1時間の昼休みがあることで、日中にギャップが発生する場合があります。

もちろん、日足でも前日終値と当日の始値に間があればギャップは発生するのですが、ギャップハンターでは、そのようなギャップが発生したときだけを狙ってエントリーするといった、空売りをベースとした投資マニュアルなのです。


事前の準備としては、空売りが可能な銘柄をスクリーニング(抽出)しておきますが、これは、数カ月に1回やるだけで、前場終了後の12:00くらいからギャップハンターの準備をし、勝率と利益率の高くなる銘柄に目星をつけておき、板情報でギャップをチェックしてギャップが発生したらエントリーするだけです。


そんな、株式トレードギャップハンターは、前日までの準備、エントリーの準備、決済方法までマニュアル化されていて、勝ちパターンの時だけエントリーするので無駄な売買もありません。

ファンダメンタルの知識もテクニカル指標の知識も必要なく、エントリーや損切りの条件もマニュアル化していますから、デイトレードでも短時間で迷わずに売買することが可能なのです!


初心者でもわかりやすく理解できるように、ポイントもまとめられていて、取引口座を持っていれば、すぐ活用することが出来ますので、お昼休みを利用して取り引きすることも可能で、ベテラン投資家にも好評です。


株式トレードギャップハンターは9,800円で提供されていて、デジタルコンテンツPDF版(58ページ)か、冊子版(58ページ)から選べて、読んでも分からないとか、利用できないといったこともなく、あなたの投資費用も、すぐに回収可能なマニュアルだと思います。


実践された方の評判や感想など、公式サイトでご覧下さい↓↓↓





後場寄りギャップを狙い打ち!証券ディーラー山本伸一の株式ギャップハンター




共通テーマ:

日経225ライド・ザ・トレンド(市場の流れに従った新規注文・利益確定・損切りなど、プロの投資ノウハウをマスターする教材) [日経225ライド・ザ・トレンド]

このページは、元証券ディーラー 山本伸一さんの【日経225ライド・ザ・トレンド】市場の流れに従った新規注文・利益確定・損切りなど、プロの投資ノウハウをマスターする教材の評価や内容などの情報を公開しています。


日経225先物というと、「何となく敷居が高い」「素人が手を出しても失敗する」「とにかくハイリスク」「中身を知り尽くした投資家しか勝てない」といった、マイナス要素を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、

注目するのは、日経平均株価だけなので、通常の株取引と違って銘柄選択が一切不要で、暴落市場でも儲かるチャンスもあるし、トレンドを追いかけているだけで、少ない証拠金でも巨大な利益を狙えるといったメリットもあるのです。


そんな日経225先物も、「日経225mini」の登場によって、個人投資家にも親しみやすい存在となった日経225先物取引は、新たな個人投資家の大量参入が実現しただけでなく、

・予測不能な乱高下が極めて少ない
・安定した資金運用が容易なため100億規模の大口運用に向いている
・先物だけでなく、現物株と連動させてのW収益効果が高く期待できる

といった理由もあって、大規模な資金を安定運用する機関投資家たちからも熱い視線が注がれていますので、マグレ狙いの何も知らない素人が手を出しても、プロの証券ディーラーにカモにされて、100%ボコボコに打ちのめされしまいます。

ですが、そんな日経225先物取引でも、目の前にある数々のメリット、手を伸ばせば届きそうな巨額の利益を、みすみす逃がすのももったいないという方のために作られた教材が、「日経225ライド・ザ・トレンド」なのです。


負ける投資家がいるということは、それだけ勝つ投資家もいるのが市場の鉄則です。

素人の個人投資家の多くが負け、豊富な資金力にモノを言わせた外資や、百戦錬磨の一流ディーラーが勝ち続けることができるのなら、その「勝ち組」であるプロと同じ「戦法(投資手法)」を取ることができれば、個人投資家でも利益を上げられる可能性はあるはずなのです。


そんなプロの投資家はいつでも例外なく市場のトレンド(流れ)を掴んでいて、相場のトレンドに乗ることができれば、短期であれ、長期であれ、順張り、逆張り、どちらでも着実に利益を出しているのです。


投資の世界では「トレンドに乗る」という言葉がよく出てきますが、トレンドに乗るというのは、順張りということではなく、上げなのか、下げなのか、天井なのか、底なのか、市場全体の大まかな流れを正しく見極める、その流れに乗るということで、

そんな、トレンドを見極めているプロのテクニックやノウハウを教えているのが、20年以上にわたるディーリング経験し、第一線のトップディーラーと言われた、山本さんの「日経225ライド・ザ・トレンド」なのです。


個人投資家がプロと戦うのではなく、プロの技術やノウハウをマスターしてしまおうという「日経225ライド・ザ・トレンド」は19,800円で提供されていています。

98ページのデジタルコンテンツ(PDF)版か、冊子版が選べて、特典として、グロースアドバイザーズの運営する「株とまと」注目の銘柄情報をメール配信や、プロのアナリストが分析した市況ニュースを配信するメールマガジンもついています。


実践された方の評価や感想など、公式サイトでご覧下さい↓↓↓





【日経225ライド・ザ・トレンド】~プロのアプローチを武器に利益を生む“波”に乗れ。最大利益を生み出す『新規注文・利益確定・損切り』のルール――「プロの戦略」を完全マスターする。




共通テーマ:

究極デイトレ実践塾2(その日だけで取引を済ませられるデイトレードで稼いで億万長者になるための勝逃げ必勝術) [究極デイトレ実践塾]

このページは、元証券ディーラー 山本伸一さんの【究極デイトレ実践塾2】その日だけで取引を済ませられるデイトレードで稼いで億万長者になるための勝逃げ必勝術の効果や内容などの情報を公開しています。


かつて、マスコミによって投資ブームが沸き起こり、法改正などもあって門戸が広げられた「デイトレ」は、

ラクして簡単に儲かりそうというイメージから、多くの人がデイトレをはじめたものの、結果的にそのほぼ全員が想定外の屈辱を味わうことになりました。

その結果「デイトレードは儲からない」というように思ってしまっている方も多いのかもしれませんが、ディーリングにおける勝ち組は全体のせいぜい1%です。

その、1%の勝ち組に入ることができれば、確実に膨大な利益を掴めることができるのですが、その為の方法を教えているのが、山本伸一さんの「究極デイトレ実践塾2」なのです。


デイトレというと、毎日9時から15時まで神経を尖らせ続け、買っては売り、売っては買いの繰り返しで、食事はもちろん、トイレすら我慢してまで、売買タイミングを逃がすまいとチャートを睨み続けるばかりで、

時間があれば無数にあるデイトレ攻略ネタを頭に叩き込むなど、次なる勝負のために頭の中は常にトレードのことばかりで、そうまでして頑張っても重要な結果(収益)が出せなかったという方もいると思いますが、

それは、あくまでもデイトレードの本質を見誤ったための挫折であり、実際のデイトレのあるべき姿ではなく、本来のデイトレは、

・目標をクリアすれば15分でOK
・ルールに従ったコツさえつかめば誰でも勝てる
・膨大な資金は必要なく、少額でも安定して稼げる

というように、他の投資スタイルにはない極上垂涎の賜物で、長い拘束時間も、特別な知識も、数千万規模の大金も一切なく、絶対的な「勝ち」を掴むことができるはずなのですが、

それができないのは、「大儲けしたい、損したくない、負けたくない」といった、あなたの欲望だったのです。


「大儲けしたい」というのは欲望かもしれないけれど、「損したくない」とか「負けたけくない」というのは欲望なのか?といった感覚もあるまかもしれませんが、

勝ちは勝ち、負けは負け、とシンプルに現実を受け止めることが、結果としてデイトレの最大目的となる「勝ち逃げ」を生み出すのですが、

それができないから、パソコンに張り付いてしまうことになってしまうのですが、この「究極デイトレ実践塾2」なら、数千万単位の資金など無くとも、「DAYRY1万円」が、いとも簡単に成し遂げられるはずなのです。


山本さんの「究極デイトレ実践塾2」は19,800円で提供されていて、購入後30日間の銘柄サポートメールや、相場分析レポートといった得点もついていますので、


勉強してみたいと思う方は、公式サイトもご覧ください↓↓↓





100万円から夢の億万長者へ――『究極デイトレ実践塾2』




共通テーマ:

資金が10倍・20倍になる10倍株投資法(100円以下の株に目を向けて10万・20万円から投資できる手法) [資金が10倍・20倍になる10倍株投資法]

このページは、元証券ディーラー 山本伸一の【資金が10倍・20倍になる10倍株投資法】100円以下の株に目を向けて10万・20万円から投資できる手法の評価や内容などの情報を公開しています。


「資金が10倍・20倍になる10倍株投資法」は、「安い株を買って、高く売り抜ける」といった株式投資の基本的な鉄則を守って、株価が100円や200円などの株で、

最低購入額も10万円、20万円といった少ない資金でも大きなリターンを手にする低位株を狙った投資法ですので、株価が、1円騰がっただけでも大きなリターンが期待できます。


一般的に株式投資では、好業績だから、PBRが1倍割れだから、株価がゴールデンクロスをしたからといった理由で銘柄を選んでいるのではないかと思いますが、

基本的には、株は株価が安い時に買って、高い時に売るのが当たり前のことですが、その「安い時」というのをどの位置に見いだすのかを教えているのが「10倍株投資法」なのです。

あるていどの資金をもっている方なら、自由に銘柄を選ぶこともできますが、初めて株式投資をするという方にとっては、有名て高額な銘柄に手を出すわけにもいなかくて、

できるだけ安く株式投資を体験したいと思うのではないかと思いますが、そんな方にお勧めなのが、山本さんのこの手法で、

100円以下のいわゆる「ボロ株」というものに目を向けて、単元数は多くても1,000株単位で、10万円、20万円から投資ができるという「ボロ株バスケット」と呼ばれる投資法です。


100円前後の市場から見放されたかのような低位株(ボロ株)を10銘柄まとめて買い、そのうち2銘柄は上場廃止となって株券が紙くずになっても、8銘柄はかなりの確率で2倍以上に値上がりするというもので、

もともと安い株なので、大儲けはできないかもしれませんが、単純に計算すれば、元手(仮に100として)×0.8(2銘柄が紙くず)×2.0(8銘柄が2倍)=160倍というように、年間60%の利回りということになります。


このような、誰もが買えるような、もともと最低投資金額が低い安い株が、物色されるようになると、「オレも!オレも!」とみんなが飛びついて銘柄を買ってきますので、

ひとたび株価に火が付いて人気化すれば得てして2倍、3倍、ときには10倍になる可能性を秘めているのです。


少ない資金でも大丈夫、銘柄選びも簡単な、「資金が10倍・20倍になる10倍株投資法」は、64ページのPDFダウンロード版と、書籍版が選べて19,800円で提供されていて、

銘柄情報無料提供や、毎日の相場分析レポートも無料で配信されています。


公式サイトはこちらです↓↓↓


証券ディーラー・山本伸一の資金が10倍・20倍になる10倍株投資法




共通テーマ:

株価が上がっても下がっても利益が出る「サヤ取り・ペアトレード投資術」 [サヤ取り・ペアトレード投資術]

このページは、元証券ディーラー 山本伸一の【サヤ取り・ペアトレード投資術】株価が上がっても下がっても利益が出る手法の評価や内容などの情報を公開しています。


株式投資を行っているほとんどの投資家の方は、株は安いときに買って、株価が上がったら売り、この差額で利益を得るものだと思いこんでいて、


・日経新聞や会社四季報を読んで有望な銘柄をみつける。
・株を安いときに買って、高いときに売る。
・目標株価になったら利益確定。思惑とは逆に動いたら損切り

というようなことを行っているのではないかと思いますが、これらは株式市場全体が上昇相場になっているからこそ通用する手法で、

現在のように世界経済が不安定なかでは、上昇相場でしか儲けることができない「買い」だけの手法では儲けられる利益にも限界があります。

株の世界では、「この銘柄は絶対に上がる」とか、「この銘柄は絶対に下がる」などという保証はありません。「この銘柄は上がる(下がる)かどうか」を予測しながら、株の売買を行っている限り、よくてトントン。悪ければ損益は大きくマイナスになってしまいます。


一般の投資家の方は、「空売り」をしないで「買い」だけで利益を出そうとするので、ギャンブル的な投資から抜け出せなくなってしまいますが、「サヤ取り」なら、ギャンブル的な投資から抜け出せることができます。


サヤ取りで注目するのは、サヤの開閉だけです。

サヤが拡大、縮小していく過程でサヤ取りを仕掛け、その反対にサヤが動いたら自動的に手仕舞う。サヤの拡大、縮小といった変化がそのまま利益になるので、株価が上がれば利益になる場合もありますし、逆に株価が下がっても利益になることもあります。



サヤ取り・ペアトレード投資術は、PDF・冊子版で9,750 円で提供されていて、銘柄情報や相場分析レポートという得点もついています。


ベテランの投資家の方でも、異なる銘柄をペアで仕掛けるということに抵抗があるようですが、サヤ取りは、リスクを相殺する代わりに利益をなくす手法ではなく、

リスクを相殺しつつ、最終的な収支をプラスにして積み重ねることによって、利益を得る手法です。


公式サイトはこちらです↓↓↓


株価が上がっても下がっても利益が出る!証券ディーラーの『サヤ取り・ペアトレード投資術』




共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。